水素点滴と水素水7.0ppmならどっち?

水素点滴と高濃度水素水7.0ppmを取り入れるならどちらが良いのか比較検討してみました。

 

まず、水素点滴は血管に打つので良さげな気がしますが、先入観は省き、何ppmの濃度の水素水点滴なのか、
いくつか検索してみましたが、点滴の水素濃度については書いていないところが多いので、
水素点滴を打ちたい人は濃度の確認をしてからにすると後悔がないと思います。

 

クリニックによっては7ppmの水素点滴をしているところもありましたが、濃度が書いてないクリニックも含めて
1回のお値段が7000円〜14000円とクリニックによって様々な設定となっていました。
1回の点滴時間は40分〜60分くらいのようです。

 

液剤の袋がよくある透明のものなら、そこから水素が抜けやすいうえに、点滴時間が長いので
実際の濃度吸収率やコストを考えてみても、水素水7.0のほうが高濃度で断然安いです。

 

クリニックに通う時間はいらないし、移動費もかからない。
着ていく洋服や装飾品に困ることもなく、見栄を張る必要もありませんね(笑)
そこにお金をかけるくらいなら、水素水にお金をかけたいと私は思っています。

 

呼吸をするだけで、活性酸素は発生し、日々細胞はドンドン老化が始まっています。

 

活性酸素は早く取り除くことが大切ですから水素点滴1回の料金があれば、余裕で水素水7.0を毎日飲むことができますね。
1月に1回よりも、毎日続けることがとても大切で、それが可能となるので満足できています。

 

芸能人やモデルのように自分が商品でスタイルを維持する人、大病でお悩みの人、スポーツ選手の人などは、
水素水を飲む、水素風呂に浸かる、他にプラスして水素点滴が必要なタイミングもあるでしょう。

 

それ以外の人は水素水7.0を選ぶだけで十分満足できるとは思いませんか。
コストのストレスもなく高濃度の水素を毎日摂り入れ続けることが可能となるからです。