水素水7.0ppmと放射能

最近、福島原発事故で、放射性物質が海水や空気中に漏れていることが今頃になって取り上げられたり、
かなり離れている場所でも濃度が高いホットスポットなる場所の立ち入り禁止や、
琵琶湖周辺の放射能汚染木材を不法投棄された件などで、安心できる場所はあるのか、ないのか、
不安をかかえたまま、生活しているいる人がほとんどだと思います。

 

前に週刊文春で、日本医科大学大学院教授の太田教授が、こんなことを話していました。

 

放射能に勝つ食材と水で勝つ!と。

 

食材のキーワードは赤と緑ですが、ここでは水に焦点を絞って書いてみます。

 

教授の話を要約すると、放射能がよくない理由として、放射能を浴びると、体内の水分子と反応して活性酸を多く発生させるから。

 

活性酸素はDNA(遺伝子)を破壊する力を持っていて、大量に被曝してしまうと、過剰に活性酸素が発生し、
DNAが速度を増して余計に破壊されてしまうのだそうです。

 

DNAの再生が間に合わないくらいDNAの破壊が多くなったときだけ、癌や重度の障害を引き起こすとのこと。

 

でも、余分にたくさん発生してしまった活性酸素を除去することができれば、少しくらいの放射線を浴びても癌になったりしない
と言っていました。

 

水素水7.0ppmは超高濃度なので、たくさんの活性酸素を除去できる力がある。
つまり、毎日飲んでいれば、放射能の被曝対策にもなるため、放射能に打ち勝つ水はまさにこれじゃないかと気づかされたところです。

 

水素水7.0ppmお試しセット水素水7ppm

赤と緑の食材とは?

放射能に勝つために食べた方が良い食材をあげておきます。

 

これらは抗酸化物質を摂取できる食材ですが、抗酸化物質の働きは活性酸素を除去できる物質です。

 

緑の食材(抗酸化物質の成分名です)

 

ほうれん草などの葉もの野菜(プラストキノン)
ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)←ブロッコリーの新芽

 

赤の食材(抗酸化物質の成分名です)

 

ニンジン、赤ピーマン(ベーターカロチン)
トマト(リコピン)
鮭(アスタキサンチン)

 

その他の食材(抗酸化物質の成分名です)

 

ほたて(タウリン)
タコ(タウリン)
イカ(タウリン)

 

このような食材も意識的に食べながら、高濃度水素水を毎日飲んでいれば、放射能対策はバッチリでしょう。