aquela 水素水7.0常識を超えたのはなぜ?

今まで水素は、水に1.6ppm迄しか溶けないのが科学の限界で常識だと言われていました。

 

なので、どのように覆したのか気になりませんか。

 

それは、ヘンリーの法則という科学の常識では、圧力が強ければよく溶けるということなので、
水に圧力をかければかけるだけガスは水に溶存することが可能だったようです。

 

7.0ppmの水素水には約5気圧の圧がペットボトル内にかかってるとのこと。

 

ちなみに5気圧とは、水深50mの圧力なので、
そう考えると結構な圧力をかけることができて生まれた高濃度の水素水ですね。

 

また、開ける前、水素ガス溜まりにたまったガスは容器を手で振ることで、水の中に溶存させてから開けます。
(確かに、30秒ほど振ってから開けて飲んでいます)

 

そうすることで、水に溶けた水素ガスは開栓してもすぐには抜けていきません。
1時間位の間に飲みきれば、約6.0ppmから7.0ppmの水素水を摂ることが出来るので、開けてすぐ水素が抜けてしまうのではないか
といった心配は無用ですね。

 

心配であれば、初回のセットについていた、メチレンブルーで溶存濃度実験を自分で行えば不安もぶっとぶでしょう。

 

家族で分けて飲むのもよし、1人で飲むのもよしですね。
ちなみに私は温泉水で作っていますが、飲みやすいので1時間以内なら1人でも500mlは余裕で飲めてしまいます。

 

水素を飲むタイミング水素水を飲むのに理想とされるタイミングは、寝起き&寝る前とよく言われています。
寝起き&夕食後とか、時間をあける間隔が同じくらいにするとよりいいと思います。

 

活性酸素が多く発生している、溜まっているタイミングは・・・

 

起床時、食後、運動中、運動後、ストレスを感じたとき、日光を浴びたとき、飲酒後、就寝中、などです。

 

水素濃度は濃い方が有効だという文献もあり、濃度が濃い分、たくさんの活性酸素の除去を可能にすることができるようです。

 

ちょっと小難しい話になりましたが、調べるほどアキュエラの水素水7.0はすごいな〜と思わずにいられません!